服用後、過度の性交は控えましょう

「バイアグラを服用後に死亡した」という話を聞いたことはありませんか?この件に関しては米国の食品医薬品局によると「バイアグラが原因で死亡したという証拠はない」とされています。

通常は過度のセックスによる心臓麻痺や心臓発作の方が、バイアグラ自身の危険性よりも危険度が高いと言われています。バイアグラを購入してみて、早く効果を試してみたいという気持ちは分かりますが、勇み足にならないよう、バイアグラと上手く付きあっていけるようにしましょう。

毎日の服用は控えましょう!

ファイザーではバイアグラの服用時の注意として、しっかりと服用の期間が定められています。その期間は「バイアグラの服用は1日1回まで。次の服用は必ず1日以上の時間をあけて服用するように」となっています。バイアグラはED治療薬として非常に強い効能を持っています。ですが、それと同時にカラダへの負担も「強い」薬です。

バイアグラを服用する前には事前に自分の体調をしっかりと把握すること。また、体調が悪い時に使用する事のリスクをしっかりと理解し、体調と相談しながら、無理の無い服用をするようにしましょう。

過度のアルコール摂取との服用は危険!

適度な量のアルコールであれば問題はないという医師の意見もありますが、バイアグラを服用した時にアルコールを摂取していると、ついついその時の気分も手伝って飲み過ぎてしまうもの。

バイアグラを服用する際はアルコールではなく、水を摂取するように心掛けましょう。アルコールを摂取しすぎた状態でバイアグラを服用することは非常に危険ですので絶対に行わないように注意して下さい。