ばいあぐらとバイアグラ

shinjyuku_tocyou20140921220547-thumb-815xauto-17788

当サイトを訪れる前に、「ばいあぐら」というキーワードで検索された方も多いかと思われますが、ばいあぐらの正式な名称は、もちろんバイアグラという名称です。バイアグラは世界的にも有名なED治療薬で、バイアグラ以外にもシアリスレビトラといった名称のED治療薬が存在しています。

バイアグラを使用したことが無い方はもちろんですが、バイアグラを何度か服用した方でも勘違いしていることが多いかと思われます。当ページは、バイアグラについて私が集めた情報を掲載することによってバイアグラに対する知識を高められるように構成しています。是非参照して、正しいバイアグラの使用方法・知識を得てください。

バイアグラのルーツとは

バイアグラは当初、心臓病の薬として開発が進んでいました。計画自体は暗証に乗りかけていたのですが、ある研究者が「副作用」として性的不全の治療に効き目があることを発見したのだといいます。その報告を受けた販売やマーケティング担当者たちが議論を重ねた結果、「性的不全治療薬なんて世の中に存在しないが、発想がすごく面白い。ぜひやってみよう」ということになったようです。こうして心臓病治療薬としての開発計画は即座に軌道修正され、バイアグラが誕生したというわけなのです。

世界初のED治療薬として

バイアグラは当初から男性のEDを治療するための薬として開発されていたわけではないんですね、当初からED治療を目的に開発されたのかと思っていました。もしもその「副作用」を見つけた研究者の方がいなければ、また、販売者や担当者の柔軟な発想が無ければ、バイアグラを始めとした世界初のED治療薬は登場しなかったことは間違いないと言えるでしょう。バイアグラが登場していなければ、セックスに対して後ろ向きな考えを持ったままだったという方も多いかもしれません、その事を思うと開発者の方の熱意には頭が下がる思いですね。

バイアグラの名称の秘密

ヴィガール(Vigor=活力、精力)とナイアガラ(Niagara=ナイアガラ瀑布)を合わせた造語がバイアグラの語源と言われています。ナイアガラの滝のように精力をほとばしらせるという意味ともかけているのでしょうか?とても力強いネーミングとなっています。ちなみに誤解されやすいのですが「バイアグラ」というのは薬のブランド名であって、正式な成分名は、クエン酸シルデナフィル・シトレートとなっています。

インパクト大のネーミング

バイアグラのヒットの一因は、このバイアグラというネーミングのインパクトにもあったのではないでしょうか。一度聞いただけでも忘れられない名前なのではないかなと思います。ED治療薬=バイアグラと言っても過言ではなく、ED治療薬の代名詞として広く認知されています。
それにしても、ナイアガラの滝のように精力をほとばしらせるというのは凄い発想ですよね。開発・ネーミングをされた方もまさかここまで認知されるとは思っていなかったのではないでしょうか?

バイアグラの持続効果

高齢者の方の方が、若年者の方よりもバイアグラの持続効果が長いようです。外国人のデータになるのですが、65歳以上の高齢者15名と18〜45歳の若年層を対象にバイアグラの臨床実験を行った際、効果が現れるまでの時間は、それぞれ1〜2時間とほぼ同レベル。これに対して、平均勃起持続時間は、高齢者で3.8時間、若年層で2.6時間という結果が出ています。しかし、これはバイアグラの代謝が高齢者の方が遅いということでもあります。

老若男女に効果があるバイアグラ

高齢者の方がバイアグラが持続する時間が長いんですね。この結果は以外でした。個人的にはやはり若年者の方が効果が長く持続するのかと思っていましたので、ただ代謝に時間がかかるということで、持続する効果も長くなっているんですね。どうやら持続効果には精力・性欲といったものは関係無いようです。それにしても老いも若きも著しい効果のあるバイアグラはやはり凄い薬だと改めて思いますね。また、高齢者の方がバイアグラを使用した際の体験談もありますので、是非こちらもチェックしてみてください。

早漏には効果がある?

バイアグラなどのED治療薬については「早漏に効果がある」というデータは出ていません。早漏というものは精神的なものだからです。ただ、一時しのぎとして、バイアグラが効いている間であれば、2度目の勃起でもう1度性交を行えるという可能性はあると思われます。

証明されてはいないが、可能性はあるかも・・・

残念ながらバイアグラにはハッキリと早漏に効果があるとは証明されていないようですね。私もバイアグラを服用する以前は、バイアグラを服用することによって早漏も改善されると思っていました。ただ、上述されているとおり早漏は精神的な事が原因によって起こるものなので、バイアグラを服用した状態でセックスを行う中で、セックスに対する自信を取り戻すことで、早漏が改善されるということも考えられることではないのでしょうか?もちろん、ハッキリと断定は出来ないのですが、体験談のページでもご紹介しているように、ED治療薬を服用することによって、セックスに対するプレッシャーが減ったという方もいらっしゃるので、早漏が改善する可能性はあるのではと私は考えています。

副作用で危険な症例は?

急激な血圧の低下により心疾患を引き起こしたり、他の薬との合併症が考えられます。しかし、服用前に健康チェックをしたり、バイアグラ服用の注意書きなどを確認し使用していればこういった事故を起こす可能性はまずありません。ただし、高齢者の方など健康チェックでは問題がなくとも性行為中に狭心症などの発作を起こすことは十分考えられます。バイアグラ自体の適合はあっても、過度な性行為によって体に負担をかけ、結果として発作を引き起こしてしまうといったケースも考えられます。

自己判断での使用は控えましょう

バイアグラを服用する際には自己判断で勝手に他の薬と併用することは絶対に避けてください。また、アフリカなどで起きた死亡例などを見ると、そのほとんどが知人・友人からバイアグラをもらうなど、自身の健康状態のチェクや管理などの充分な確認を行わずに服用した高齢者の例が報告されています。
胃薬などの普段何気なく飲んでいる薬の中にもバイアグラとの合併症を引き起こしてしまうものがあるかもしれません。不安な場合は医師の判断を仰ぐなど、自己診断でバイアグラを服用しないようにしましょう。

子どもを作っても大丈夫?

もちろん問題はありません。動物を使った実験でも、精子の遺伝子への影響は報告されていないようです。むしろ、一般によく見られているハネムーンEDや子どもを作らなければならないという義務感やプレッシャーを抱いた途端に、勃起しなくなってしまったという方や、妻に今日が排卵日と言われただけで萎えてしまうといった方のケースに、バイアグラが有効に働く薬となるのではないでしょうか。

子作りの手助けに

バイアグラを服用したからといって、セックスに影響はないということですね。ただ未だに「バイアグラを服用したセックスで子どもが出来ると、何か副作用があるんじゃないの?」と思っていらっしゃる方もいるようです。私はバイアグラはストレスを抱えてしまったり、様々な原因によってペニスが勃起しなくなりセックスが困難になったという方に向けた補助剤であるという認識です。特にEDになってしまって、セックスが出来ず、子どもが欲しいのに作れないというご夫婦には最適な薬ではないかと思います。

女性が服用すると?

「女性がバイアグラを服用すると、クリトリスが充血して感じやすくなるのでは?」とお思いの方もいるようですね。確かにペニスとクリトリスの構造は似ていますので、女性器の血流がよくなるというような作用はあるのかもしれません。ですが、バイアグラは男性の勃起不全治療を目的に開発された薬です。なので、自分で購入したバイアグラをパートナーに薦めたりといったことは出来ればしない方が良さそうですね。

女性に無断での使用はNGです

バイアグラはあくまでも男性の勃起不全を治療するための薬として開発された薬です。なので、女性に使用するというのは適切な使用方法ではありません。また、もしも相手の女性が心臓疾患などを抱えている場合、バイアグラを服用することで大きな危険を背負うことになってしまうという可能性もあります。それに、バイアグラは基本的に売買も譲渡も違法となっています。バイアグラを始めとするED治療薬を女性に無断で服用させるといった行為は絶対に止めるようにしましょう。